Sample Site

既卒 職歴なしニート就職

不利な既卒 職歴なしニートの就職、から内定獲得する方法

既卒、職歴なしニートから正社員就職を目指す場合、なかなか書類選考も通らずに苦労される方が多いと思います。

最近でこそ人手不足の影響もあり既卒歓迎求人も増えてきましたが、ニート歴があるとまた話は別、といった感もあります。

特にニート歴が半年以上、1年以上と長くなってくると就職活動が難しくなっていきます。

新卒として就活をしていた経験のある方の場合、既卒になってからの就活の難しさを実感することも多いのではないでしょうか。

既卒職歴なしニートが就職を成功させるには、求人の探し方も重要ですし、就職活動の進め方も重要です。

⇒ 既卒おすすめ就活サイト

などは既卒向け求人を多く扱っていますから、利用している方もとても多いです。
内定率も高いのが特長ですよね。

内定獲得のチャンスを多く得るために、複数の就職支援を併用している既卒ニートの方も少なくありません。

就職活動の進め方によっては、なかなか就職できない時期が続いてしまい、就活中に1歳年を取りさらに就職活動が難しくなってしまう、といったケースもあります。

職歴なし・社会人未経験からの正社員就職は「年齢が若い方が有利」

職歴なし未経験から正社員就職を目指す場合、共通して言えるのは若い方が有利に就活が進む、ということです。

ニート歴が長い方の場合、20代後半の方もいるかもしれません。

もし29歳でニートから脱出を目指して正社員就職、となるとやはり不利な就活を突破しなければなりません。

しかし、29歳のニートの方でもまだまだ20代ということで、求人は紹介してもらえますし正社員就職に成功した方も多くいます。

ポイントは、求人を選び過ぎないなど、いくつかあります。
(後ほど、既卒 職歴なしニートが就職するためのポイント、としてご紹介しています)

既卒の就活が大変な理由

既卒になってからの就活が苦労しやすいのは、情報が少ないためでもありますよね。

大学に通っていた頃には就職に関しての情報はたくさん得られたと思います。

就活スケジュールに沿って動く必要もありましたし、周囲の友人、ゼミ仲間などとも共通の話題として就活の話も出てくることが多かったのではないでしょうか。

どの企業の締切はいつで、ES、面接官の態度が悪い企業はどこで、といった話などもあったのではと思います。

既卒になってからの就職活動は、一人です。

就活の情報を共有できる友達がいるのは稀ですよね。

就活を始める時期も既卒はいつでも良いですから、卒業してすぐに就職活動をする人もいれば、既卒後3年、4年とフリーターやニート期間を繰り返してから就活をする人もいます。

既卒の就活では、中途採用枠への応募となりますから、一年を通して見つかる求人へ応募をしていくことになります。

ただ、中途採用を行っている企業はとても多いのですが、応募する求人はしっかり選んで応募しないと、書類落ちする可能性がとても高いのです。

既卒向け求人を選んで応募すること

中途採用といっても、募集を行っている企業によっては採用したい人材レベルが全く違います。

20代後半の即戦力を採用したい、30代以上の管理職候補を採用したい。
今後のポテンシャルに期待出来る未経験者を採用したい。

など。

既卒の就活で狙いたいのは、未経験者歓迎の求人ですよね。

「既卒歓迎」

「未経験者歓迎」

「フリーター歓迎」

といった書かれ方をしている求人です。

やりたい仕事、憧れていた仕事があったから、と特に未経験者歓迎では無い求人へ応募をしても書類落ちする可能性が非常に高いといえます。

そんな中、若手の新卒採用に苦戦している企業は、既卒歓迎、フリーター歓迎といったことで採用活動を行っています。

若手人材を確保するために、新卒採用しか今まで行っていなかった企業も既卒採用を始めるところが増えているそうですから、今後はさらに既卒者が就職できるチャンスが増えると言って良いのではと思います。

既卒向け求人を多く扱うのが、既卒、フリーター、ニート、大学中退者を専門的に就職支援を行っている就職エージェントです。

ハタラクティブ、ジェイック、いい就職ドットコム、DYM就職、ウズキャリ、第二新卒エージェントネオなど、色々なサービスがあります。

企業からのニーズが高まることが想定されますから、今後もまだこうした就職支援サービスは増えるかも知れませんね。

既卒向けの正社員求人を得るには、こうした就職支援サービスの活用が最もオススメです。

既卒 職歴なしニートが就職するためのポイント

既卒 職歴なしニートから正社員就職を成功させるには、ポイントを抑えて就活をすることが大切です。

・求人を選び過ぎない
・求人への応募を積極的に行う
・企業研究は徹底的に行い、面接対策をする
・ニート期間の説明ができるように準備をする

ニート生活が長かった方の場合、昼夜逆転している可能性がありますね。
その場合、まずは普通の生活リズムに戻すことから始める必要もあります。

企業からの連絡も午前中に来ることも多いですし、面接も午前中から行われることもあります。

万が一、生活リズムが戻りきっておらずに寝坊して面接に遅刻した・・・といった可能性も考えられますよね。

一気に朝型に変えるのは難しいですから、寝る時間を1時間ずつ早める、起きる時間を1時間ずつ早くするといった生活習慣の改善も少しずつ進めてみてください。

既卒ニートから就職するには、先ほどご紹介しましたが、就職支援サービスの活用が成功率が高いのでオススメです。

ニート就職支援

大学中退ニート 就職する

Sample Site